婚約指輪のデザイン

デザイン性の特徴を把握することが大切です

近いうちに、婚約指輪を選択する男性の方にとって、人気を博しているデザイン性を把握することは非常に参考になります。 指輪といったジュエリーに関しては、ファッションと同じ様にトレンドの流れがスピーディーでないので、長期にわたって同じ様なデザイン性が愛され続けていることが特徴と言えます。 ただし、大きな視点で見てみると注目を集めているデザイン性そのものに変化はありませんが、少し前からシンプルなデザイン性から、弱冠綺羅びやかデザイン性へと切り替わってきているようです。 婚約指輪で注目を集める典型的なデザイン性は、ソリテール、メレ、パヴェなどがあります。こうした、デザインの特徴を理解することは重要になります。

婚約指輪で注目を集めるデザインとは

ソリテールは、婚約指輪の基本的なデザインと言え、古くから愛されている形状です。ソリテールと言いますのは音楽で活用されるソロと言う意味合いからつけられ、中心部にダイヤモンドをあしらったシンプルなデザインです。リングのデザイン性も豊富にあって、爪のあるタイプ、さらに爪がなく、ダイヤモンドが埋め込まれたものもあります。 そして、メレは、メインのダイヤモンドの脇においてメレという非常に小さいダイヤモンドが数個添えられるデザイン性です。 近年では、ピンク色のメレをセッティングするデザイン性があり、人気になっています。 また、パヴェはフランス語で石畳を意味し、イメージできるように小さいダイヤモンドをパヴェセティングという方法でリングにおいて敷き詰めています。 中央部に取り付けられたダイヤモンドを、周囲に詰められたダイヤモンドが一層華やかに引き立ててくれるデザイン性になります。

結婚指輪とは、結婚している男女が身につける指輪のことで、主に左手の薬指につけるものです。婚約指輪とは別物です。

© Copyright Fine Jewelry. All Rights Reserved.